トリマーになるには

トリマーになるには通信教育が近道です私はもともと動物が好きでしたが仕事にしたいとまでは考えたことがありませんでした。でも、専門学校を出て就職して営業の仕事をしているうちにペットと触れ合う機会も減ったせいか、動物に関する仕事がしたいと強く思うようになってきました。

 

しかし、すでに就職していましたし、いきなり動物の仕事といっても何の資格もないのでは始まらないと思い、資格取得を目指すことにしました。動物に関する資格はいろいろありますが、中でも以前からやってみかった「トリマー」にチャレンジすることにしました。

 

でも、働きながらトリマーの資格が取れる学校って意外と少なくて、あっても遠くて通えなかったりします。そんな中、日本ケンネルカレッジの「ドッグトリマー養成専門講座」は、通信教育でもきちんとした実技のあるスクールで、「動物取扱責任者」にも登録できるということなのでここに決めました。

 

動物取扱責任者」は一般的に通信講座では取れないのですが、日本ケンネルカレッジなら取れるみたいです。

 

>>日本ケンネルカレッジの公式サイトはこちら

 

トリマーとは

かつて日本では犬は外で飼うのが主流でした。しかし現在はマンションの室内でも飼える小型犬が増えています。室内で飼われている犬は、人間と同じように髪をカットしたり整えたりするるトリミングが必要になります(特に長髪の犬種)。また、室内で飼うことで犬も家族の一員という意識がより強まってきます。親が我が子のおしゃれに気をつかうように、愛犬の身なりにも気を使うようになります。このような背景の中、ペットの美容師であるトリマーの需要や増え、その地位も高まっているといえます。トリマーは飼い主にとってペットの美容と健康の良きアドバイザーなのです。

 

トリマーに求められる能力とは

トリマーの仕事は、美容師としての役割が大きいのは当然ですが、人の美容師と異なる点は、髪の毛でだけでなく全身に対してシャンプーやカットを施す点です。また、耳掃除や爪切り、ブラッシングも行います。また、トリミングの作業の中で犬の健康状態を観察したり、ノミ、ダニ、皮膚の異常がないかもチェックします。そのため、トリマーは美容の知識や技術だけでなく、獣医学や栄養学等の知識も求められます。

 

さらにトリマーに必要なのは体力や忍耐力です。中には飼い主以外になつかないペットもいますので、暴れたり、咬み付かれることもあります。特に大型犬をトリミングする場合は、ブラッシングだけでも数時間を要することもあるのです。だから、トリマーは体力や忍耐力も求められるのです。

 

ますます増えるトリマーの需要

 

都市部ではマンションの室内でペットを飼う人が増えています。そのため隣近所への臭いも配慮しなければならないため、トリマーの需要はますます増えていくでしょう。また、。

 

 

>>日本ケンネルカレッジの公式サイトはこちら


 


保育士になるには 保育士の資格を取りたくて専門学校か通信か迷っていましたが、一括資料請求サイトを使ったらいろんな学校からまとめて資料が届いて便利でした。
メイクアップ 学校 メイクアップの学校選びは自分が必要としているメイクのスキルを学べるかどうかがポイント。たくさんある学校を効率よく比較するには?
ヘアメイク 専門学校 ヘアメイクの専門学校選びは自分が必要としているメイクのスキルを学べるかどうかがポイント。たくさんある学校を効率よく比較するには?